4/22(月)23:59まで Amazonのセール品をチェック!ポイントアップキャンペーンも同時開催!詳細はこちら

脱初心者!速く揃えるためにやるべきこと【まとめ】

今回はルービックキューブを解けるようになった人向けに、もう少し速く解くための方法を解説します。

簡易CFOP法が初心者向けの解き方で一番速く解ける方法です。まだ簡易CFOP法を理解していない方はこちらの記事で理解しましょう。
ルービックキューブの揃え方【簡単で覚えやすい簡易CFOP法】

また使うキューブもタイムに大きく影響します。
磁石が入ってないキューブを使っている方は、磁石入りのキューブを買いましょう。

はじめてにオススメのキューブはこれ!目的別に紹介!

セクシームーブと逆セクシー

初心者向けの解説動画や解説サイトのほとんどで「セクシームーブ」または「逆セクシー」の手順が使われています。

初心者の方はどちらか一方を覚えている状態だと思うので、覚えていないもう一方の手順を覚えましょう。

また指づかいも速く揃えるためには重要なので、正しい指づかいで回せるようにしてください。

セクシームーブ

人差し指で引っ掻くようにまわす(トリガーといいます)

逆セクシー

こちらも同様に人差し指で引っ掻くようにまわす

完全1面を速く揃える

白十字が完成したあとの、完全1面を速く揃える方法を解説します。

白コーナーを揃えるときは、白コーナーの白面の向きに注目して手順を使い分けます。

白面が右側のとき

白面が手前のとき

白面が上のとき

セクシームーブを3回まわすことでも揃えることができる

以上の3つを左右対称にしてもできるようになりましょう。

白面が左側のとき

白面が手前のとき

白面が上のとき

左右対称のセクシームーブを3回まわすことでも揃えることができる

黄色十字を速く揃える

下2段が完成したあとの、上の面で黄色十字を速く作る方法を解説します。

L字型

L字型はL字を下図の向きにして「手前2層を回す、セクシームーブ、手前2層を戻す」で黄色十字が揃います。

L字型

直線型

直線型は直線を横向きにして「手前面を回す、セクシームーブ、手前面を戻す」で黄色十字が揃います。

直線型

ドット型

ドット型は「L字型」の手順と「直線型」の手順を組み合わせたものです。

ドット型

黄色面を速く揃える

黄色十字が完成したあとの黄色コーナーを速く揃える方法を解説します。

ほとんどの初心者向け解説動画や解説サイトで「スーン」または「アンチスーン」の手順が使われているので、どちらか片方を覚えていると思います。

覚えていないもう片方の手順を覚えましょう。

黄色コーナーが1箇所だけ揃っている状態になったときに、スーンとアンチスーンを使い分けることで速く揃えることができます。

黄色コーナーが1箇所だけ揃っている状態(2パターン)

見分け方の一例

側面の黄色面をカタカナの「ケ」になぞれるパターンは「スーン」を使う

カタカナの「ケ」になぞれないパターンは「アンチスーン」を使う

スーン

揃っているコーナーを左手前(赤枠位置)にして回し始める

アンチスーン

揃っているコーナーを右奥(赤枠位置)にして回し始める


以上の方法でタイムを縮めることができますが、これはあくまでテクニック面で手数を減らして速くする方法です。

手数だけでなく、指の速さもタイムに直結することを忘れないでください。