【最強戦術】マルバツゲーム(三目並べ)の必勝法を解説!詳細はこちら

知らないと損!F2LのEOについて

「F2LのEOってなに?」

「そもそもEOって言葉を聞いたことがない…」

という方のために今回は

  • そもそもEOってなに?
  • EOと手順の関係
  • EOを利用した先読み

の観点からEOについて解説します。

F2Lの先読みにおいてEOは重要なので理解しておきましょう。

そもそもEOってなに?

EO(Edge Orientation)とはエッジの向きのことで、「Good」と「Bad」の2パターンがあります。

GoodとBadの見分け方は、F2Lエッジが上段にあるときと中段にあるときで違います。

F2Lエッジが上段にある場合

F2Lエッジが上段にある場合は、エッジU面の色に対して手前センターの色が同色もしくは対面色だとGoodです。隣接色の場合はBadです。

上段のエッジはy軸に90度持ち替えるとGoodとBadが入れ替わります。

F2Lエッジが中段にある場合

F2Lエッジが中段にある場合は、エッジに隣接するセンターの色が同色もしくは対面色だとGoodです。隣接色だとBadです。

中段のエッジはy軸に持ち替えてもGoodとBadは変化しません。

EOと手順の関係

EOが手順に与える影響と、手順がEOに与える影響について理解しましょう。

EOが手順に与える影響

EOはF2Lを揃える時の手順に影響します。

EOがGoodの場合、そのF2LはR、L、U、D回転だけで揃えることが可能です。

EOがBadの場合、そのF2LはR、L、U、D回転だけで揃えることは不可能です。

揃えるためには必ずF面やB面を回したり、M列やS列などのスライスムーブ、FwやRwなどの2層回し、持ち替えをする必要があります。

つまりEOがBadの場合よりも、Goodのほうが回しやすい手順が圧倒的に多いです。

簡易F2Lはこの性質を利用しているため、手順がシンプルで習得しやすくなっています。

初〜中級者の方はここまで理解しておけば大丈夫です。

手順がEOに与える影響

手順がEOに与える影響は以下のものがあります。

全てのエッジにおいてEOが変化しない

  • R、L、U、D面を回す

一部のエッジにおいてEOが反転(GoodとBadが入れ替わる)

  • F、B面を回す
  • M、S、Eなどのスライスムーブ
  • Fw、Rw、Uwなどの2層回し
  • 持ち替え

これは先読みに関係してきますがイメージしづらいと思うので、次の「先読みの例」で理解しましょう。

EOを利用した先読み(中〜上級者向け)

EOの判断をすることでF2Lの先読みが簡単になります。簡単な例を見てみましょう。

例1

緑赤F2Lを先に揃えて、緑橙F2Lを次に揃える例です。この場合、EOはどちらもGoodです。

緑赤のペアをFLスロットに揃えるF2Lは、EOがGoodなのでLU回転のみで揃えることができます。
U’ L’ U L U L’ U L U’ L’ U L

LU回転のみで揃えるということは全てのEOが変化しないので、「手順を回しても緑橙F2LエッジはGoodのまま」です。

そのため緑赤F2Lを揃えたあとの緑橙F2Lは下のパターンであると確定します。
(エッジの位置は変わるのでAUFは必要)

ここまで一気に先読みできる必要はなく、手順を回しながら判断できれば大丈夫です。


もうひとつ例を見てみましょう。

例2

先ほどと同じく緑赤F2Lを先に揃えて緑橙F2Lを次に揃える例ですが、今回は橙緑のEOがBadです。

緑赤のペアをFLスロットに揃えるF2Lは、EOがGoodなのでLU回転のみで揃えることができます。

LU回転のみで揃えるということは全てのEOが変化しないので、「手順を回しても2つ目の橙緑F2LエッジはBadのまま」です。

そのため緑赤F2Lを揃えたあとの橙緑F2Lは下のパターンであると確定します。
(エッジの位置は変わるのでAUFは必要)

EOがBadなので持ち替えやF面を回す手順であることが緑赤F2Lを揃える前からわかります。


このように「R、L、U、D回転の手順はEOが変化しない」という特性を利用して、F2Lの先読みをしましょう。

最終的には「EOがBadの状態を見ると気持ち悪い、もどかしい」のような感覚が身につけばOKです。

EOについて理解したら、次は持ち替えについてです。

タイトルとURLをコピーしました