4/22(月)23:59まで Amazonのセール品をチェック!ポイントアップキャンペーンも同時開催!詳細はこちら

F2Lの基本はこれ!考え方・覚え方を解説【簡易F2L】

「F2Lを学びたいけど、どこから始めれば良いかわからない」

「理屈がわかれば良いと言うけど覚えられない」

「F2Lをしていると揃えた場所がいつの間にか崩れている」

という人向けに簡易F2Lを解説します。

F2Lの基本パターン

まずF2Lには基本のパターンがあります。

1×1×2のペアを作り、R U’ R’ またはL’ U Lで揃える、というのが基本です。

基本のパターン

またペアを揃える部分のことをスロット(ピンク部)、スロットにペアを揃えることをスロットインと言います。

ステップ1 パーツをU面に出す

まず揃えたいコーナーとエッジが両方U面にある必要があります。

例えば図のピンクの部分を揃えたいと思ったら、そこに揃うべきパーツ2つ(白緑橙コーナーと緑橙エッジ)が両方U面にある必要があります。

コーナーとエッジの位置や向きは何でも大丈夫です。

コーナーとエッジが両方U面にある例

コーナー・エッジの位置や向きは何でもいい

コーナーやエッジがスロットにある場合は、「R U’ R’」と回すことでスロットにあるパーツをU面に出すことができます。

スロットにコーナーやエッジがある例

「R U’ R’」 と回して、U面にあったエッジまたはコーナーがスロットに入ってしまった場合は、もう一度「R U’ R’」と回す

ステップ2 持ち替える

つぎにエッジのU面の色に注目します。

エッジU面の色と同じ色のセンターを手前に持ち替えてください。

(ここでEOが正しくなります。意味はわからなくても大丈夫ですが詳しく知りたい方はこちら

持ち替える例

例えばエッジのU面が緑であれば、緑センターを手前に持ち替えます。エッジのU面の色が赤だったら赤センターを手前、青だったら青センターを手前、橙だったら橙センターを手前に持ち替えてください。