【最強戦術】マルバツゲーム(三目並べ)の必勝法を解説!詳細はこちら

【初心者必見】4×4ルービックキューブ攻略法|最も簡単な揃え方

ステップ3 3×3パリティ(揃わない・ありえないパターン)

センターとエッジが揃ったら、4×4キューブを3×3キューブとして見立てて揃えましょう。

ただし、通常の3×3ではありえないパターンが出現することがあります。

この現象を「パリティ」と呼びます。

エッジの向きが揃わない(OLLパリティ)

3×3キューブの解き方では、エッジの向きが揃わないことがあります。

これを「OLL(オーエルエル)パリティ」といいます。

OLLパリティ

CFOP系の解法で、上面十字の揃っている部分が3つ、もしくは1つの場合


コーナーファースト系の解法で、エッジが単独で反転している場合

OLLパリティが発生した場合は、どの場合であってもOLLパリティ手順を回すとエッジの向きが揃う状態になります。

なおOLLパリティが発生していない場合は、手順を回す必要はありません。

OLLパリティ手順

Rw U2 x Rw U2 Rw U2' Rw' U2 Lw U2 Rw' U2' Rw U2 Rw' U2' Rw'

上面手前側のエッジ+コーナー(水色枠部)の向きが変わる

手順の覚え方

この手順では、上面は全て180度回すので無視して、2層回しに注目して覚えましょう。

まず回転の上下方向を3つに区切って覚えます。

上上上/下下下/上下下

次に細かい部分を覚えます。

上 持ち替え 上 上

下 下(左2層) 下

上 下 下

手順の覚え方

エッジやコーナーの位置が揃わない(PLLパリティ)

3×3キューブの解き方の最終ステップで6面が揃わないことがあります。

これを「PLL(ピーエルエル)パリティ」といいます。

エッジだけやコーナーだけを入れ替えたら揃うパターンです。

PLLパリティ

エッジを2つ入れ替えら揃う


コーナーを2つ入れ替えたら揃う

PLLパリティが発生した場合、コーナーの2点交換、エッジの2点交換どちらの場合であっても、PLLパリティ手順を回すと6面が揃う状態になります。

高橋メソッドの場合は手順を回した後、上面の十字側面を揃えるところからやり直してください

なおPLLパリティが発生していない場合は、手順を回す必要はありません。

PLLパリティ手順

r2 U2' r2 Uw2' r2 Uw2'

上面手前側と奥側のエッジ(黒枠部)の位置が入れ変わる


以上で解説は終わりです。

お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました