【PR】終了間近!GANキューブが特別価格で販売中!!Amazonのブラックフライデー特別セール 12/1(金)23:59まで

WordPressに構造化データを追加する方法

自分の記録として記事に残しておきます。

構造化データは、ウェブページの内容を検索エンジンがより正確に理解するためのものです。

これにより、ウェブページが検索結果に表示される際のリッチスニペットの生成など、さまざまなメリットが得られます。

この記事では、Schema Markup Generator (JSON-LD)を使用してWordPressに構造化データを追加する手順を紹介します。

1. Schema Markup Generator (JSON-LD)を使ってデータを作成する

まず、Schema Markup Generator (JSON-LD)にアクセスします。

必要な情報を入力し、構造化データのJSON-LDコードを生成します。

2. 作成されたデータをコピーする

生成されたJSON-LDコードを選択し、コピーします。

3. 組み込みたいWordPressの投稿ページを開く

WordPressのダッシュボードにログインし、組み込みたい投稿やページを開きます。

4. 「カスタムHTML」のブロックを挿入する

エディター上部の「ブロック追加」ボタンをクリックし、ブロックの種類から「カスタムHTML」を選択します。

5. カスタムHTMLにSchema Markup Generator (JSON-LD)で作成したデータをペーストする

「カスタムHTML」ブロック内に、先ほどコピーしたJSON-LDコードをペーストします。

6. 投稿を公開して、スキーママークアップ検証ツールで検証する

保存や公開を行った後、Googleの構造化データテストツールなどのスキーママークアップ検証ツールにURLを入力して検証し、エラーがなく「howto」などのスキーマが正しく挿入されていることを確認します。


以上、Schema Markup Generator (JSON-LD)を使用して、WordPressに構造化データを追加する方法について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました